« 朝顔観察日記12とばら6 | トップページ | ガリレオ2最終回「聖女の救済」考察6と朝顔13とばら7 »

2013年6月23日 (日)

ガリレオ2最終回「聖女の救済」考察5

いい加減に終わりにしようと思いながらも書いてます。

さて、今までと同じく白字なのでクリックドラッグなり、ソースを見るなりでご覧下さい。

まず、2:04分に来た謎の女性について。

 

あれだけの画像が残っているなら、少なくとも登場人物の誰かぐらいは判別出来ると
思われるが、描写がない。ここの警察は物理ばかりでそういった捜査はしないのか?

 

ちなみに天海祐希は胸元にほくろがある。向かって真ん中より少し左に。
TV画面だけでは訪問者にほくろがあるかどうかわからなかった。

 

手を見たが結婚指輪は映っていなかった。外せばしまいだが、天海祐希の指はかなり
特徴があるから、違うと警察は判断していると思われる。

 

そもそも、彼女はインターホンを押して入る必要は無いはず。

 

ここで出てくる在宅警備システムがどんな物かわからないが、外出時の警備も当然出来る
だろうから、外から解除出来る仕組みが無いわけが無い。

 

なので、わざわざインターホンを押して姿を写される様な危険を冒す必要はない。

 

岸谷が、家の前にいた時に通りかかった紫の傘の女。すぐに追いかけたけど見当たら
なかった。この理由は?

普通に考えると、家がそばで家に入ってしまったから見当たらなかっただけ。

たまたま、近所の方が何かの用事で来ただけで、事件とは無関係。

警察は近所の聞き込みを、もっと行うべきだ。ガリレオ2の低視聴率はこの辺りの現実性
が掛けており、なんでも物理に結び付けようとしたが、現実との差が有りすぎだからなの
では。

 

さてここで、何故砒素(亜ヒ酸)なのか。

 

ネットで調べると、トファナ水と言う化粧水が出てきました。美顔用化粧水をして16世紀に
大ヒットしたようです。またの名を「聖ニコラウスのマナ」。

 

当時は神様が絶対の時代、カトリックの権力は絶大で神に誓って生涯伴侶は一人と宣誓
しており離婚など出来ない時代。

 

この「トナファ水」は亜ヒ酸が含まれていたそうです。

 

これを使えば離婚したくても、できないけど、死んでくれたら問題ない訳ですね。

 

天海祐希も、信者なら知っていた話なのではないかと想像できます。

 

被害者はかなり舌が肥えていると予想されるので無味無臭の亜ヒ酸を使ったとも
考えられます。

 

他の可能性。

 

天海祐希がクリスチャンで、被害者の葬式も神式なので被害者もクリスチャンと考えた
場合に、本人が知らずに毒を入れた可能性があるのではないか。

これまたネットで調べたけど聖水を食べ物に掛けたり飲んだりする事はあるようだ。

十字架がどこかに置いてあって聖水も分けて置いてあるかもしれない。

一緒にやかんに入れて飲んでるかもしれない。

他にも超へんてこな習慣があったりするかもしれない。

珈琲はフレッシュを入れて飲んではいないようだが、砂糖はどうか?

砂糖を先にやかんに入れて沸騰させて飲む、へんてこな習慣が有ったとしたらどうか。

まさか砂糖の成分まで検出したかどうか、毒物反応が出ればそこまでだろう。

角砂糖の中に亜ヒ酸を入れた物を作る。それを知らずにやかんに入れる。

まあ、こんな風に描写されていない事も、可能性としてはあるのではないか。

最初に書き始めた時は、実は次回予告を見ていませんでした。

動画サイトではじめて見ました。ここにも色々見せ場があるようです。

今の段階では、色々書いたけど本当の所は「さっぱりわからん」です。

今日一日考えて最後としましょう。

使った物や読んだ本のインスタントストアなる物を作ってみたのでご覧あれ。
本は読んだら追加しているので随時増えていきます。

↓  ↓  ↓
http://astore.amazon.co.jp/o0847-22

この度、ブログを引越し致します。

最近、スパム投稿が増えたのと、無料のココログだと上下に広告がでるようになった事。

それから投稿がIEでないと表示がおかしくなり、普段使っているChromeが使えない事。

画像をアップロードする時に、上手く行かず何度もアップロードをしないといけない時がある
事、などなどから引っ越します。

こちらではもう、更新はありません。

新しいブログは↓こちらです。

http://blog.livedoor.jp/bike2kin/

では、今後ともよろしく。

|

« 朝顔観察日記12とばら6 | トップページ | ガリレオ2最終回「聖女の救済」考察6と朝顔13とばら7 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事