« CBRのバッテリーがそろそろダメかも | トップページ | 久々に帰りの雨 »

2012年10月14日 (日)

とりあえずバッテリーは大丈夫かな?

Pap_0036_2

175.9km÷8.92ℓ=19.72km/ℓ 

あまりぶん回してないから少し良いですね、ただ信号待ちでエンストするんじゃないか
不安で、少し回転を上げているので、それがなければ20は行きそうです。

15,000rpmも回してたら燃費が悪くなるのは当たり前ですからねえ。でも回るんだから
一日一度は回してやりたいです。

バッテリーの状態ですが、水曜日以降は問題なく始動してくれているので二日間乗ら
なかった事で少し元気が無くなっていたのかなと思います。

チェーンの一部が動きが硬くなってしまい、ヤフオクで安いチェーンを入手し取り付け
ました。安いけど一応DID製でした。

Pa130010

同じ525なんだけど、コマが大きい。かなり抵抗がありそうな感じもします。

慣らすために、少し走ろうと。

近所のブックオフで本田孝好氏のWILLを買って、三村珈琲店で珈琲を飲みながら読もう
としたのですが前をダンプが走っていて、ついて走ってたら行きすぎました、まあそれな
らそれで走ろうかとどんどん山に入って行くと、ここはどこ状態w

多分こんなに走ったのかな。

途中の見晴らしのいい場所でパチリ。紅葉はもう少し先かな。

Pa130013

土曜は宵祭りで今日も午前中はお祭りでした。

お昼は、地元のスーパーのバーベキューに行って来て、帰ってから上に書いた「WILL」を
読みました。

本田孝好氏の「MOMENT」の続編です。

死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら・・・・。病院でバイトをする大学生の「僕」。ある末期
患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられるように
なる。恋心、家族への愛、死に対する恐怖、そして癒えることの無い深い悲しみ。
願いに込められた命の真実に彼の心は揺れ動く。人は人生の終わりに誰を想い、何を
願うのか。そこにある小さいけれど確かな希望----。静かに胸を打つ物語。

WILLは「MOMENT」に出てくる「僕」の幼なじみの葬儀屋のお話。葬儀の直後に届けら
れた死者からのメッセージ。自分を喪主に葬儀のやり直し要求する女。夫の生まれ
変わりだという少年----死者たちは何を語ろうとし、残された者は何を思うのか。

ご一読いかがですか?

ぽちっと押して帰ってねん o(_ _)o

にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ   にほんブログ村 バイクブログ バイク通勤・バイク通学へ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

バイク画像掲示板はこちら↓

http://bbs7.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=FZR250

|

« CBRのバッテリーがそろそろダメかも | トップページ | 久々に帰りの雨 »

CBR400RR NC23」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事