« 23年ぶりのGPz400 | トップページ | GPz400のキャブとコイル »

2012年9月 1日 (土)

GPz400とりあえずばらしてみる

Pap_0019

223.5km÷11.68ℓ=19.14km/ℓ 渋滞が多かったのかちょい悪いです。

ガソリンもまた140円代に上がってますね。困ったもんだ。

Pap_0021

月曜は用事で妻の実家まで、仕事帰りに行く時の川の中の橋でパチリ。
車1台通れる幅の橋です。途中に広い箇所か2箇所。

Pap_0024

もう少し早ければ夕焼けが写せたんだが。

さて今日はGPz400の鍵を借りて、外せる所は外して、どの位掛かりそうか見てみます。

まずシートを外してっと、うむむ20数年ぶりでどうやってシート外すんだっけ?

ネジで固定だったような気がしたが違ってました。

そうそう、このヘルメットホルダーの金具がシートのロック解除のレバーに刺さって
いて、これを抜くことでシートが外せるんだ。

P9010152

とりあえず破れは無いけど、かなり汚れてる。

P9010147

何かが粉をふいてる。バッテリー上の固定金具は上下の向きが反対。

P9010148

テールカウル内の小物入れから出てきたのは車検証とこの工具袋。

P9010150

超懐かしい20数年振りのご対面だった。車検証を見ると15年6月で車検が切れていた。

9年以上放置された事になる。廃車しておけば良かったのに。

ガソリンタンク内はどうなっているか?

どきどきしながらキーを、廻、廻、廻らん。固まってる?

と思いきや、キーがメインとタンク・ヘルメットホルダーが違ってた。

乗ってた時はキーは1本だったはずだが?そう言えば以前、盗まれた事が有ると
息子さんが言われてた、その時にメインキーが換わったのかな。

P9010155

写真じゃわからないけど、ガソリンが2/3ぐらい入っていて、変な匂いもせずこれが
9年放置?と言えるぐらい綺麗。

P9010153

リアサスの調整がここに。

P90101561

キャブとか埃を被ってはいるもののかなり綺麗。

P9010157

反対側。

P9010158

ダイヤフラムの部分のネジも痛みが無く、開けたような形跡がない。

P9010159

この中のバキュームピストンが使えるか使えないかで費用がかなり変わってくる。

1箇所だけ開けてみました。

P9010160

スロットルが廻らないので、中で膠着してるから抜けないけど、触った感じはゴム
でした、良かった。これが4個ともOKなら4万円近く違うから。

抜いたは良いけれど、今度嵌めるのが大変そうなキャブ。

エアクリーナ側のキャブへ繋がるダクトはこれが30年も前の物とは思えないほど
柔らかかった。聞いてみないとわからないけど13年に車検を受けた時に交換して
いるのかも。

エンジン側は熱に晒されているので、硬かった。

P9010161

アクセルワイヤーは1本引き。タイコ部分を外すのが一苦労だった。はずれ止め
みたいなのが付いてた。

燃料ホースが硬いと言うほどではないけど換えた方が良さそう。

さて中がどうなっているかだ。

P9010162

フォークの錆は右は余裕で稼動部に入ってない。左がちょい問題か?

P9010163

そもそも、乗らなくなったのは点火コイルに問題があったと聞いていて、キャブと
コイルと外した物を家に持って帰りました。

点火コイルをテスターで計っても左右とも同じような数値だった。コイルじゃなくて
イグナイターに問題有りなのか?

今月は用事が沢山入っていて、あまりつつけそうにないなあ。どこまで出来るか。

ぽちっと押して帰ってねん o(_ _)o

にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ   にほんブログ村 バイクブログ バイク通勤・バイク通学へ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

バイク画像掲示板はこちら↓

http://bbs7.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=FZR250

|

« 23年ぶりのGPz400 | トップページ | GPz400のキャブとコイル »

バイク」カテゴリの記事