« LLC交換 | トップページ | ホイールを17インチに戻しました »

2012年7月22日 (日)

スロージェット交換だけのはずが

スロージェットを38から標準の35に戻します。

キャブを外してチャンバーを外す。久しぶりの作業です。

ジェット類に詰まりはないが、なんだろうこのチャンバーのゴミは。

P7210220

4個とも同じような感じでゴミが溜まっています。

P7210223

フィルターが有るのに濾しきれてない?それとも燃料ポンプ以降から?

ちょっと気になります。

中もですが、外の方も。

P7210225

雨でも乗るからなあ、あちこちに腐食が。

P7210224

プラグも1本だけ見ると、ちょい濃いのかなって感じです。

P7210230

それからリアを18インチから17インチに換えて、どう言えばいいのか、柔らかいと言うか
ぐにゃっと潰れる感じと言えば良いのか文字にし難い。

なのでリアのプロリードの位置を3から4にしました。

P7210233

数字見えませんね。

ここまで昨日作業して、今日はタンクを載せて始動を確認。

4発とも爆発してます。

タンクを載せる前に、コネクタ類に接点復活スプレーを少し掛けておきました。

20数年経つとプラスチックも、もろくなってます。

P7220234

抜け止めの爪が・・・・・

水が入ったのかな?

P7220235

リアカウルを外したついでに。

P7220236

リアステップは可動式でカウル内に内臓出来るのですが、出したのは2年ぶり。

車検の時は出してなかったけど、何も言われませんでした。

よく見ると、レギュレーターの後ろ側に付けていたCPUのヒートシンクが無くなってます。

いつ落ちたんだろう?

レバーでピンを出し入れして格納します。

P7220237

P7220239

このタンデムステップを荷掛フックとして使ってます。

P7220241

リアシートの下は結構沢山入ります。

P7220243

レンチは30・27・24・22・19・17・14・13・12・10・8。
トルクス4本、ドライバー2、プラグレンチ、YAMAHAのサスプロリードレンチ。

要れている物は、工具とパンク修理キットとビニール袋にテープに簡易合羽にウエス。

P7220246

これで終了と思いきや・・・・

リアタイヤに刺さっている物を発見。

P7220247

抜いてみると、結構長い1センチぐらい。シューっと言う音も・・・・・

P7220249

ありゃりゃ、パンクかよ。

中身まで写す気はなかったパンク修理キットを開ける。

P7220248

抜いた穴にドリルの方にラバーセメントを塗ってねじ込みます。

P7220250

ラバースティックにラバーセメントを塗って差し込みます。

P7220251

3センチほど出た状態。これを3ミリ残して切れと言われても、無理です。

P7220252

漏れは無くなったけど、通勤時に抜けると困るので様子を見るのと、
久しぶりに18インチに戻してみました。

150/70-17が150/70-18になり8ミリほどリアが上がります。タイヤもホイールも
重くなるのでかなり感じが変わります。

スプロケットのハブボルトとホイールの当り具合が見たかったのもあります。

P7220254

この写真じゃわかり難いけど、ハブボルトの当り面にグリスを塗って取り付けていました。

右側は銀色の部分が多い。ハブボルトの長さが微妙に違うみたい。

スプロケットを外すのもかなり力が必要でした。少し斜めに嵌っていたのか?

ノギスとかでちゃんと測らないとダメかな。

ぽちっと押して帰ってねん o(_ _)o

にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ   にほんブログ村 バイクブログ バイク通勤・バイク通学へ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

バイク画像掲示板はこちら↓

http://bbs7.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=FZR250

|

« LLC交換 | トップページ | ホイールを17インチに戻しました »

CBR400RR NC23」カテゴリの記事