« 100均の時計 | トップページ | 何ヶ月か振りに車で通勤 »

2011年5月22日 (日)

カウルの取り外し・オイル交換・タンク交換・

CBR400RRのオイル交換とタンクを入手したので交換しました。

オイル交換しようとするとサイドカウルが邪魔なので取り外しました。

信号待ちとかで熱気が脛に熱く感じられるようになったので、サイドカウルはしばし
取り外したままにします。

Dscf1341

トリコのサイドカウルを付けてみました。

Dscf1340

色々集めてます、いずれ塗り替え予定です。

今回はUTCのオイルではなくホンダのG2にしました。

以前、近所のホームセンターが移転する時に特価で1本だけ買って残っていたので
2本購入しました。(@1,098円)

Dscf1356

UTCはSJですがG2はSLです。

SJは、エンジンメーカー推薦下で運転される1996年以降のガソリン車に適用。
SHの最低性能基準を上回る性能を有し、耐ブラックスラッジ性能、耐酸化性能、
耐摩耗性能および耐さび性能、防食性能でSHに代わるもの。ILSAC/GF-2など、
エンジンメーカー規格のシークエンス試験要求性能に合致していること。

SLは、エンジンメーカー推薦下で運転される2001年以降のガソリン車に適用。
SJの最低性能基準を上回る性能を有し、高温時におけるオイルの耐久性能・
清浄性能・酸化安定性を向上すると共に、厳しいオイル揮発試験に合格した
環境対策規格。

だそうです。CBR400RRは1989年式だから十分な性能ですね。

前回交換距離27,086km、今回は31,402kmで4,316kmでの交換となります。
次回はオイルフィルターも交換しなくては。

Dscf1359

結構汚れてますね。

Dscf1360

パッキンはホームセンターで適度な大きさの車用を購入して使ってます。

パッキンはオイル交換時には必ず交換しましょう。

今度はタンクを交換します。

Dscf1345

今使っているのは結構凹んでます。

Dscf1346

おまけに底の方にかなり錆が出ています。リザーブ状態にならないように早めに
給油するようにして、底の錆がキャブに行かない様に気をつけてました。

コックに油濾し紙を付けてリザーブでガソリンを抜くと錆がやはり出ました。

Dscf1351

ストレーナーにも錆が。(ピントが奥に・・)

Dscf1353

タンクの底はかなりひどい状態でした。

Dscf1349

Dscf1361

Dscf1362

乾燥させて、また以前使った錆取液を入れておきます。

交換するタンクは前より凹みは少ないけど引っかき傷が多いです。

でも、錆が無いのが嬉しいです。

Dscf1347

かな~り古そうなタンクパッドも両面テープで貼り直しました。

Dscf1368

カウルを外したCBR400RRです。

Dscf1363

Dscf1365

Dscf1364

メットの方もそろそろジェットにするかな~

にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ   にほんブログ村 バイクブログ バイク通勤・バイク通学へ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

バイク画像掲示板はこちら↓

http://bbs7.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=FZR250

|

« 100均の時計 | トップページ | 何ヶ月か振りに車で通勤 »

CBR400RR NC23」カテゴリの記事