« サーモスタット交換 | トップページ | タンクの錆ひどし »

2010年12月13日 (月)

キャブに液体ガスケットは止めましょう

FZR250のキャブの時はうっすら塗っただけでガソリン漏れは止まったのですが、
CBRはしばらくすると漏れてきます。

やはりキャブのガスケットはケチってはいけませんね、手間が掛かるだけです。

Kif_3510

左から4・3・2・1番です。2・1は漏れてないように見えますが反対側に漏れ跡が有ります。

チャンバーはご覧の通り。

Kif_3513

液体ガスケットを沢山塗った所は垂れています。

それよりも、この錆は・・・・・・

実はタンク内がご覧の有様です。

Kif_3495

タンクの錆は完全に取れていなかったようです。今度の週末にガソリンを抜いて
再度錆取液を入れてみます。

Kif_3515

ジェット類は特に詰まりはありません。

拡大図

Kif_3517

Kif_3516

詰まりの元になるので、しっかり液体ガスケットを取り除かないといけませんが、これが
また面倒な作業でした。

チャンバー側の溝に入ったのを取り除くのも結構大変です。

大まかに取り除いて、キャブクリーナーをスプレーします。

使用していたデイトナの耐ガソリンのパーマテックモトシール1はクレのクリーナーキャブ
で溶かす事が出来ました。溶けると言っても一気に溶けるわけではありません。

↑楽天で1,200円ぐらい。ちょっとって時は有ると助かる。

綺麗に落として新しいパッキンを。

Kif_3519

キャブレターのガスケットセットにはパイロットジェットのガスケットも付属しているので
交換しようと4番のパイロットジェットを外すと・・・

Kif_3520

先端部分が折れて中に残ったまま・・・・・

CBRをレストアした時も1番のパイロットジェットの先端が折れていました。

その時は幸いな事に先端部分は中に残っていませんでした。

どうやって抜こうか考えたものの時間も無く、とりあえず折れたままでも特にアイドリング
が安定していなかったわけでもないので折れたままのパイロットジェットを最後まで
締め込まずに途中まで締めこんで取り付けました。

キャブを取り付け後、エンジンを掛けてもアイドリングは特に問題もありませんでした。

今週末にはなんとか抜き取りたいです。

ガスケットの成れの果て

Kif_3526

硬化して取り除く時に切れまくりでした。

水温の方はサーモスタットがちゃんと動いているようで、ラジエターカバー改(ただのパンフ)
無しでも水温が上がりました。

パイロットジェットの先端が折れたのは締め込みすぎが原因なんだろうか?

ここのガスケットはかなりぺったんこになっていて締め込み過ぎになったのが原因か?

なんにしても、簡単に取り除けますように!

ぽちっとよろしくお願いします o(_ _)o

にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ   にほんブログ村 バイクブログ バイク通勤・バイク通学へ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

バイク画像掲示板はこちら↓

http://bbs7.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=FZR250

|

« サーモスタット交換 | トップページ | タンクの錆ひどし »

CBR400RR NC23」カテゴリの記事