« キャブに液体ガスケットは止めましょう | トップページ | FZR250のスプロケット交換 »

2010年12月19日 (日)

タンクの錆ひどし

自動車学校に行ってる長男はやっと1段階の見極めとメールが来ました。

授業とバイトの合間に行ってるので年内は卒業は無理のようです。

昨日、FZRのリアタイヤを交換しました。自力でやる気力が無いのでホイールを外して
自動車屋さんに持って行き交換してもらいました。

FZRでやる事はチェーンの交換とクーラント交換とフロントブレーキのマスタシリンダ交換
です。今年中には終わらせたいです。

今日は午後から出かける用事があり、朝、CBRのガソリンタンクを外し錆取液をいれて
出かけました。出かけるのにはFZR250を使って少しでもリアタイヤの皮むきを行いました。

Kif_3528

タンク内の錆は思っていたより、ひどい状態でした。コックや空気抜きの管の周りだけで
なく手前側も錆が広がっていました。

取り外したストレーナーはご覧の有様。

Kif_3532

右がコック側、コックレバーが無くなってしまったので、ずっとリザーブ状態にしていたので
余計に錆がキャブに来ていたのだと思います。

錆が取りきれるまではONのままでリザーブを使わないようにします。

昼から出かけて帰ってきてから錆取液を抜きました。

D1080014

油で汚れた手で触っても気にならないデジカメがご臨終になりましたので携帯にて撮影。

キャブの方のガソリン漏れはパッキン交換で収まりました。

折れたパイロットジェットの先端を取り除く作業は今日は出来ませんでした。

ぽちっとよろしくお願いします o(_ _)o

にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ   にほんブログ村 バイクブログ バイク通勤・バイク通学へ  にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ

バイク画像掲示板はこちら↓

http://bbs7.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=FZR250

|

« キャブに液体ガスケットは止めましょう | トップページ | FZR250のスプロケット交換 »

CBR400RR NC23」カテゴリの記事