« CBR250R MC17 走行開始~ | トップページ | フルカバーは熱かった »

2009年5月25日 (月)

CBR250R MC17走ってみました

Dscf0187

CBR250Rを60キロばかり走って外したプラグです。2・3薄め4良い位、1がかなり汚れていますがこれは2年半ほど放置していた間に1番は燃料コックがONのままだった為に、サイドスタンドでは左側に傾いているので1番キャブがオーバーフローしてガソリンがインテークマニホールドやバルブにへばり付いていたのが徐々に剥がれて燃えているのだと思います。

フォークオイル交換

Dscf0198

CBR250R MC17は片側302+-2.5CCで全屈時100mmとなっています。ペットボトルに調理用の計量カップで302CC計り線を引いてそこまでオイルを入れてます。KYBのオイルは600CCと書いてありますがもう少し余分に入っているので丁度良かったです。

やはり、交換するとショックの伝わる度合いがかなり変わりました。

実はフォークオイルを交換するのは初めてで、フォークボルトを取り外す時にバネが伸びてボルトがかなりの勢いで飛び出すのかと冷や冷やしながら外しましたが拍子抜けするぐらい飛び出しませんでした。(他のバイクは違うのかもしれませんが)

Dscf0195

フォークの下側がピッチが狭いのが多いようですがMC17はピッチは変わっていませんでした。

日曜日は不順な天気で、雷雨があったりでなかなか試走出来なかったのですが午後2時半頃に出発し、西に向かって走って雨が降れば引き返せば良いかと走ってたら途中で引き返すまもなく雨が降り始めて、高架の下で雨宿りをしていると田植えの準備に来られていたお爺さんも、まいったなーと雨宿りに、しばし話をしていると雨も上がり運転気をつけてと言われ出発しました。

服もズボンも塗れて、温度もあまり上がらないので中国地方でよく映画の舞台になる所の港で写真を写して引き返しました。

D1000020

で、帰って給油です~

D1000018

128km÷6.45ℓ=19.845km/ℓでした。思ったほど良くないです。

燃料コックが不調でオーバーフローしてエンジンやクランク室内に入ると困った事になるので給油した後に2回ほどガソリンホースを外した時に少しガソリンが漏れたのも悪い要因の一つです。

それから、まだエンジンの出力にこっちの感覚が合ってなく4~6,000まで半クラを使うことも多々有りました。

またブレーキの引きずりが若干有るようですのでこちらも改善しなくてはいけません。

エアクリーナーもまだ交換しておらず、これらを改善していけばまだ燃費は上がると思います。

まだエンジンの調子が良いとは言えない状況です。回転落ちがいまいちスムーズでない事、アイドリングの安定も今ひとつ。キャブ間の同調が必要のようです。

しばしタイトルが変わります(*^ω^*)ノ彡

↓フォークオイルを交換していないあなたもぽちっとよろしく o(_ _)o

にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ   にほんブログ村 バイクブログ 250cc以下へ

|

« CBR250R MC17 走行開始~ | トップページ | フルカバーは熱かった »

CBR250R MC17」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110064/29792539

この記事へのトラックバック一覧です: CBR250R MC17走ってみました:

« CBR250R MC17 走行開始~ | トップページ | フルカバーは熱かった »